健康な歯を保つ方法|歯の病気はすぐに治療をしよう|歯周病を早期発見する
歯科

歯の病気はすぐに治療をしよう|歯周病を早期発見する

健康な歯を保つ方法

歯型

悪い習慣を直すこと

歯茎は、歯を健康に保ち支える為に必要な土台のような役割をしていますが口内環境が悪かったり病気や怪我などの影響で痩せてしまうことがあります。歯茎は、一度痩せてしまうと自然に元のように戻ることはないので対策を取る必要があります。また、歯が露出する部分が通常よりも他の歯と比べても多くなることから見た目的に気になる場合も多いです。それだけでなく、物を食べた時に挟まりやすくなったり細菌が入り込みやすくなることで虫歯になりやすくなります。知覚過敏のように歯がしみることも多くなるので、自覚症状がなくても歯茎が痩せてきたと感じたら早めに歯科で治療を受けると良いです。歯ぎしりや爪噛みなどの悪い習慣も改善することが大事です。

移植をして治療する

歯茎を再生する治療には、歯科で行われるものとしては移植手術が主になります。遊離歯肉移植手術の場合は、歯肉の一部を別の部位から採取してそれを患部に移植して縫合することで再生させる治療法になります。また、結合組織移植術の場合は組織の一部を採取して患部に移植して歯肉を増やすというものになります。局所麻酔を行うため、痛みはほとんどなく再生させることが出来ますが見た目的には遊離歯肉移植術のほうが綺麗な仕上がりになると言われています。症状によっても選ばれる治療法は違ってくるので、どの再生方法が良いのかは医師の判断にゆだねられます。歯ブラシの使い方によって歯茎が更に痩せてしまうこともあるので気をつけるようにします。